地球温暖化について

ページ番号1002402  更新日 2019年12月3日

印刷大きな文字で印刷

地球の表面には、窒素や酸素などの大気が取り巻いています。地球に届いた太陽光は地表での反射や輻射熱として最終的に宇宙に放出されますが、大気が存在するので、急激な気温の変化が緩和されています。とりわけ大気中の二酸化炭素は、約0.04%とわずかですが、地表面から放射される熱を吸収し、地表面に再放射することにより、地球の平均気温を14℃程度に保つのに大きな役割を演じています。こうした気体は「温室効果ガス」と呼ばれています。

もし、このような「温室効果ガス」がなければ、地球の平均気温は-19℃程度になると言われています。

この「温室効果ガス」の濃度が上昇すると大気中の熱が宇宙に放出されにくくなり地球が暑くなってしまいます。これを「地球温暖化」といいます。

温室効果ガスの種類

地球温暖化の原因となっている温室効果ガスとして二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロン類があります。このうち、二酸化炭素は、地球温暖化に及ぼす影響が最も大きな温室効果ガスです。

地球温暖化の影響

地球温暖化が進行し気温が上昇すると、海面の上昇、海水温の上昇、異常気象の増加、自然生態系への影響、農産物への影響、感染症の増加、熱中症の増加など様々な問題が発生するのではないかと危惧されています。

私たちにできること

地球温暖化に最も影響を及ぼしている二酸化炭素の排出量を減らすことが温暖化を防止する有効な手段と言えます。

愛知県では「あいち COOL CHOICE」を統一標語に、県民一人ひとりにエコライフの実践を呼びかける県民運動を展開しています。

次に挙げた「あいち COOL CHOICE 家庭でできる行動」を参考に、できることから始めてみましょう。

「あいち COOL CHOICE 家庭でできる行動」

【住まいを COOL CHOICE】

  • 照明をLEDに買い換えましょう。
  • 家電は、統一省エネルギーラベルの星の数の多い、省エネ家電を選びましょう。
    また、高効率給湯器を選びましょう。
  • 家の断熱性能を高めて、冬は暖かく、夏は涼しく暮らしましょう。

【自宅で COOL CHOICE】

  • 夏の冷房時には室温28℃を目安、冬の暖房時には室温20℃を目安に設定しましょう。
  • 家の中でひとつの部屋に集まって、涼しさ、暖かさを分かち合いましょう。(自宅でクールシェア、ウォームシェア)
  • 冷蔵庫に物を詰めすぎない、お風呂は続けて入るなど、身近な省エネアクションを実践しましょう。

【移動で COOL CHOICE】

  • できるだけ徒歩・自転車・鉄道・バスで移動するなど、CO₂排出量の少ない移動を心がけましょう。
  • ふんわりアクセル「eスタート」など、エコドライブを実践しましょう。
  • 車を買うときは、エコカーを選びましょう。

【外出先で COOL CHOICE】

  • 家庭でエアコンなどを使用する代わりに、シェアスポットで涼しさ、暖かさを分かち合いましょう。(クールシェア、ウォームシェア)

【その他】

  • 生産・輸送過程においてCO₂排出量の少ない旬の食材や県内産の食材を選びましょう。
  • 環境に配慮したエコラベル商品、グリーン商品を選びましょう。
  • 環境家計簿をつけて、家庭のCO₂排出量について考えてみましょう。
  • 宅配便は、受け取る日時や場所を指定して、できるだけ1回で受け取りましょう。

このページに関するお問い合わせ

環境課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。