空き家除却促進に係る連携協定について

ページ番号1003568  更新日 2021年8月25日

印刷大きな文字で印刷

空き家除却促進に係る連携協定について

南知多町は、解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を運営する株式会社クラッソーネ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:川口 哲平)と「空き家除却促進に係る連携協定」を締結し、同社が持つサービスやノウハウを本町の空き家対策に活用することで、「特定空家等」の除却の促進を図ります。

実施の経緯

南知多町において「空き家問題」が年を追うごとに深刻化する中、町内に存在する約1,100戸の空き家(平成30年住宅・土地統計調査より)の内、倒壊のおそれがあるなど周辺の住環境に悪影響を及ぼす「特定空家等」が136件(令和3年3月末時点の累計)まで増加しています。

このような状況の中、南知多町では民間活力を活用し課題解決につなげる、「官民共創」による取り組みを促進しており、外部専門家の意見として株式会社官民連携事業研究所(本社:大阪府四条畷市、代表取締役社長:鷲見 英利)から株式会社クラッソーネを御紹介いただき、「特定空家等」の除却を促進していくために、詳細協議を経て、連携協定を締結する運びとなりました。

実施の内容

本連携協定では、「特定空家等」の物件所有者に対して「くらそうね」の解体費用シミュレータを使用した解体費用の参考価格を提示することを始め、フライヤーの配布やホームページによる情報発信を行うなど、株式会社クラッソーネが持つサービスやノウハウを本町の空き家対策に活用することで、「特定空家等」の除却の促進を図ります。

AIによる解体費用シミュレータについて

株式会社クラッソーネが運用する「AIによる解体費用シミュレータ」を無償で利用することができますので、空き家の解体を検討されている方や、住宅の建て替えを検討されている方は、是非ご利用ください。

なお、この「AIによる解体費用シミュレータ」は、株式会社クラッソーネが国土交通省の「令和3年度住宅市場を活用した空き家対策モデル事業」の採択を受けて実施している、「AIによる解体費用シミュレータ活用促進事業」によるものです。

協定締結式

協定締結式写真

令和3年8月25日に、「空き家除却促進に係る連携協定締結式」を実施しました。

写真左から、

南知多町長 石黒和彦(いしぐろ かずひこ)

株式会社クラッソーネ 代表取締役CEO 川口哲平(かわぐち てっぺい)さん

各社の紹介

株式会社クラッソーネについて

解体工事領域で、全国約1,500社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「くらそうね」を運営しており、これまでに累積約7万5千件以上の問い合わせ実績があります。2020年9月からは施主と工事会社に対し「着手金保証」「完工保証」「第三者賠償責任保険」を組み合わせた「くらそうね安心保証パック」の提供を無料で開始し、空き家解体に伴う不安解消、社会課題化している空き家問題解決への取り組み強化を行っています。

株式会社クラッソーネ
代表者 代表取締役CEO 川口 哲平
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 名駅東ビル4F
URL https://www.crassone.co.jp

株式会社官民連携事業研究所について

「まちづくりに企業の力を」をビジョンに掲げるスタートアップ企業です。課題を抱える自治体と社会課題解決に取り組みたい企業をつなぎ、両者の強みとニーズ、双方の利益を意識し、連携の戦略計画から施策実施まで一貫して支援しています。

株式会社官民連携事業研究所
代表者 代表取締役社長 鷲見 英利
所在地 大阪府四條畷市岡山1-3-12 上邨ビル2階
URL https://p4rl.com/

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進室
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
まちづくり推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。