犬と猫のマイクロチップ登録制度について

ページ番号1003860  更新日 2022年8月23日

印刷大きな文字で印刷

マイクロチップ登録制度(令和4年6月1日開始)

令和4年6月1日からブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫には、マイクロチップの装着が義務付けされます。このため、令和4年6月1日以降に、ブリーダーやペットショップなどで購入した犬や猫には、マイクロチップが装着されています。

なお、すでに飼っている犬や猫については、マイクロチップの装着は義務ではなく、努力義務になります。

マイクロチップが装着された犬や猫を購入された方

所有者情報をブリーダーやペットショップからご自身に変更する「登録変更」が必要となります。

マイクロチップが装着されていない犬や猫にご自身でマイクロチップを装着した場合

飼い主情報の登録が必要となります。

詳しくは、下記ホームページでご確認ください。

マイクロチップを装着している犬や猫について

マイクロチップを装着し、下記ホームページでマイクロチップ情報を登録すると、犬や猫が迷子になったり地震等の災害や事故等で離ればなれになったりしても、保護されたときマイクロチップを専用リーダーで読み取ることで飼い主のもとへ戻る確率が高まります。

マイクロチップを装着・登録することは、大切な動物たちを守ることにつながります。捨てられたり、保護されても飼い主がわからない不幸な動物たちを減らし、人と動物が暮らしやすい社会を目指していきましょう。

このページに関するお問い合わせ

環境課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。