犬の登録と注射

ページ番号1000947  更新日 2020年6月30日

印刷大きな文字で印刷

狂犬病予防注射の接種期間が延長されました

狂犬病予防注射は、狂犬病予防法により、年1回の接種が義務付けられており、生後91日以上の犬を飼育されている飼い主については、狂犬病予防注射を4月1日から6月30日までの間に1回受けさせなければならないとされています。

 この度、新型コロナウイルス感染症に係る感染拡大状況を踏まえ、狂犬病予防注射の時期について、令和2年12月31日まで延長する特例措置が設けられましたので、新型コロナウイルス感染症の発生又はまん延の影響で狂犬病予防注射を受けていない飼い主は、状況が緩和された後は、速やかに飼い犬に狂犬病予防注射を受けさせてください。

 狂犬病は、犬だけでなく、人を含めた全ての哺乳類に感染し、発症すればほぼ100%死に至る大変恐ろしい病気です。日本では、昭和33年以降国内の動物からの発生はありませんが、世界各地では依然として狂犬病の流行が続いています。日本においても再びまん延させないために、狂犬病予防注射を必ず受けましょう。

令和2年度狂犬病予防注射を接種する方法

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、愛知県が緊急事態宣言を発令したことから、令和2年度の狂犬病予防集合注射(4月・5月の全日程)を中止しました。集合注射に参加を予定されていた飼い主の皆様方にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださるようお願いいたします。

狂犬病予防接種は、動物病院で接種できるので、新型コロナウイルスの感染状況をよく考え、安全な時期を見計らって、接種してください。

動物病院で接種する場合は、4月に郵送でお届けした集合注射案内文書に同封の「ハガキ」を持っていってください。

  1. 狂犬病予防注射済票(プレート)を交付しない動物病院で接種した場合、役場環境課からプレートを交付しますので、接種後、病院でもらった狂犬病予防注射済証と手数料(1頭550円)を持って、役場環境課にお越しください。プレートをお渡しします。
  2. 町が痛く委託(契約)している下表の動物病院で接種する場合、動物病院でプレートが交付されます。

 なお、新型コロナウイルス感染症の状況によりますが、接種率が伸びない場合、10月頃の集合注射実施を検討しています

 

町が委託する動物病院

町が委託している動物病院では、「登録」と「鑑札の交付」、「狂犬病予防注射」と「注射済票の交付」を受けることができます。登録と鑑札の交付が動物病院ででき、注射済票(プレート)が動物病院で交付できますので、役場に行く必要がありません。

※診療時間や料金などにつきましては、各動物病院へお問い合わせください。(集合注射の料金と異なる場合があります。)

  • 犬の登録手数料(登録と鑑札の交付) 1頭3,000円
  • 狂犬病予防注射済票交付手数料 1件550円(注射料金は別途)
動物病院名 所在地 電話番号
かみのま動物クリニック
(獣医師 小島洋一)
美浜町大字上野間字的場62-21 0569-87-2876
鈴木獣医科医院
(獣医師 鈴木幸治)
武豊町大字東大高字石曽根31-2 0569-73-0363
たけうち獣医病院
(獣医師 竹内康博)
知多市新知東町2-27-11 0562-55-7302
とこなめ動物病院
(獣医師 佐々木雅人)
常滑市字斧口72-1 0569-34-5150
ナガセ動物病院
(獣医師 永瀬捷明)
武豊町字二ヶ崎2-32 0569-73-1163
なしの木動物病院
(獣医師 岩崎隆)
武豊町字梨子ノ木 1-96-1 0569-74-1717
ひいらぎ動物病院
(獣医師 迎義博)
半田市柊町5-13-2 0569-32-2221
ポポロ動物病院
(獣医師 高橋健次)
半田市宮本町 5-318-2 0569-26-4040
みはま動物病院
(獣医師 鵜海剛充)
美浜町河和台1-35 0569-82-0432
るい動物病院(往診専門)
(獣医師 山口真紀子)
常滑市青海町3-5-3 090-2937-6161

このページに関するお問い合わせ

環境課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。