梅原邸

ページ番号1001401 

印刷大きな文字で印刷

写真:梅原邸の外観

 梅原邸は、醸造業を営む梅原 半兵衛(うめはら はんべえ)により、明治時代の初期頃に建築されました。
 哲学者・梅原 猛先生(南知多町名誉町民)は半兵衛の弟の長男にあたり、幼少のとき半兵衛の養子となって青少年期をこの家で過ごしました。

 

令和2年度 梅原邸特別公開

書をもつ梅原先生と梅原猛友の会会員
書を手にする梅原先生と「南知多梅原 猛友の会」会員

【期間】
 10月24日(土曜日)~11月3日(祝日・火曜日)

【公開時間】
 9時~16時(入館は15時30分までにお願いします)

【入館料】
 無料

【内容】
 「梅原 猛先生と歩んだ道 ―南知多梅原 猛友の会の
30年(その2)―」をテーマに、昨年1月に逝去され
た梅原 猛先生の書や、青少年期に使用した用具や愛用品などの資料を展示します。
 

 

旧内田家住宅の外観写真
旧内田家住宅 外観

【その他】
梅原邸の特別公開期間中は、明治初期の建築である国の重要文化財「旧内田家住宅」および登録有形文化財建造物「旧内田佐平二家住宅」を毎日公開しています。
梅原邸と併せて、ぜひご覧ください。

※「旧内田家住宅」および「旧内田佐平二家住宅」についての詳細は、以下のリンクからご覧ください。
 

このページに関するお問い合わせ

社会教育課
〒470-3412 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字須佐ヶ丘5番地
電話:0569-65-2880 ファクス:0569-65-2883
開庁時間:午前8時30分から午後9時30分まで
休館日:月曜日、年末年始
※月曜日が祝日の場合は、翌日火曜日が休館となります。
※月曜日を含む連休となった場合は、連休明けの平日が休館日となります。
社会教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。