回収後にバイオディーゼル燃料へリサイクル

ページ番号1004447  更新日 2023年11月30日

印刷大きな文字で印刷

地球温暖化防止とごみ減量(家計の節約と生活改善)

  • 環境省では、令和3年4月に2050年度までにカーボンニュートラル(温室効果ガス実質排出ゼロ)を実現するため、【2030年度の排出量を2013年度比で46%削減を目標とし、同時に50%(削減)の高みに向けて挑戦を続けること】を目標にしてます。
  • 再生可能エネルギーにはバイオディーゼル燃料も含まれます。
  • 廃油を固めて捨てるとゴミですが、リサイクルすれば資源(バイオディーゼル燃料)となり、ゴミの減量もできます。※固める材料や可燃ごみ袋を購入する必要もなくて、節約できます。

バイオディーゼル燃料リサイクル図

(1)東海市へ

回収中の図
専門業者が東海市の再生工場へ運び、丁寧に一本ずつドラム缶へ集めます

(2)再生工場へ

バイオディーゼル燃料化工場の図
食用廃油からバイオディーゼル燃料へと生まれ変わります

バイオディーゼル燃料(通称:BDF)とは

フロー図
一般に植物油をメタノールとエステル交換反応させ、精製されたディーゼル機関用燃料のことです。
※補助燃料も含めて全て有効活用されます。

(3)いろいろな燃料に使われます

バイオディーゼル燃料使用例
精製されたバイオディーゼル燃料は愛知県の自動車貨物船や、
東京都のディーゼル車などの働く車に燃料として使用されます

バイオディーゼル燃料リサイクルの図

バイオディーゼル燃料リサイクル図

バイオディーゼル燃料を燃焼して発生した二酸化炭素(CO2)は、採油作物の成長のため、光合成で吸収されます。

成長した採油作物から再び新しい食用油ができあがり、家庭へ戻って食用利用後の廃油はバイオディーゼル燃料へと戻っていくことでカーボンニュートラル(温室効果ガス実質排出ゼロ)へとつながります。

このページに関するお問い合わせ

環境課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
環境課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。