空き家見守り社会実験

ページ番号1002543  更新日 2020年5月8日

印刷大きな文字で印刷

空き家見守り社会実験の申込期限の延長について

新型コロナウイルス感染予防の観点から緊急事態宣言が発出され、外出を自粛するよう要請されております。

そのため、申込期限を令和2年5月31日まで延長いたしますので、空き家管理にご活用ください。

※ 電話による申し込みにつきましては、同年5月29日までとさせていただきます。


空き家見守り社会実験について

概要

南知多町は愛知県内において最も空き家率が高く、平成30年に総務省が実施した住宅・土地統計調査において、空き家率が21.6%となっています。また、空き家が適切な管理がなされないことで、庭木や雑草の繁茂や放置されたゴミによる悪臭など近隣住民間のトラブルを引き起こすだけでなく、倒壊や犯罪利用の可能性が高まるなど地域に悪影響を及ぼしています。

この度、ヤマト運輸株式会社と協力し、空き家の見守りサービスを実施することによる空き家所有者の負担軽減に加え、無料相談も合わせて行うことで、空き家の利活用の促進につなげる効果を検証する「空き家見守り社会実験」を行うことになりました。

目的

空き家の所有者や管理者を対象としてモニター調査することで、空き家の見守りに関する社会的なニーズがどの程度あるか検証するとともに、空き家の所有者や管理者が抱える困りごとを把握することで、空き家の利活用の促進に関する問題点の掘り起しを行います。

社会実験の内容

南知多町内に空き家を所有(管理)している方に対し、空き家の状況について現地を確認した後、「自分の空き家が今どうなっているか」がわかるように、空き家の現状を示す内容の写真とレポート(破損の程度や庭木・雑草の繁茂状況などをまとめたチェックシート)を提供します。

また、希望する方には、専門家による空き家の利活用に関する相談も実施します。

実験終了後、参加いただいた方にアンケートを実施して、社会実験の効果を検証します。

対象地域

愛知県知多郡南知多町の全域

参加対象者

南知多町内において空き家を所有(管理)している方

参加費

無料 ※ 利活用の相談については一部有料となります

参加方法

電話、メール、特設サイトからの申し込み

申込期限

令和2年5月31日まで(令和2年5月8日更新)

開始時期

令和2年5月より(予定)


協定締結式の開催について

令和2年3月16日の協定締結式の様子

協定締結式の様子
左から、ヤマト運輸株式会社 名古屋主管支店長 星野 武司(ほしの たけし)様、
石黒 和彦(いしぐろ かずひこ)南知多町長。

令和2年3月16日に、南知多町役場において、「南知多町における空き家見守り社会実験に関する協定」の締結式を実施しました。


お問い合わせ先

空き家見守り社会実験の内容、申し込みについて

ヤマト運輸株式会社 愛知主管支店 安全推進課

担当 山口(やまぐち)

電話 0561-61-5006

受付時間 平日 午前9時00分から午後5時00分まで

空き家の適切な管理に関することなど、空き家対策全般について

南知多町役場 防災安全課

担当 交通防犯係

電話 0569-65-0711 内線223

受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

空き家バンク制度など利活用に関することについて

南知多町役場 地域振興課

担当 地域振興係

電話 0569-65-0711 内線323

受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

防災安全課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
防災安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。