小中学校における熱中症予防を考慮したマスクの着用について

ページ番号1002726  更新日 2020年5月29日

印刷大きな文字で印刷

学校生活における感染症予防対策としてマスクの着用をお願いしていましたが、これからの季節は熱中症の心配もあります。つきましては、十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症予防の観点から、マスク着用について、厚生労働省の通知を参考に、下記のとおり対応しますのでよろしくお願いします。

1 登下校時のマスク着用について

・徒歩通学者(屋外):気候の状況によっては、マスク着用をしないことがあります。

 ただし、通学団などでは発声や密接に気を付けます。

・自転車通学者(屋外):マスクを着用しません。

・スクールバス通学者(屋内):マスクを着用します。バス内ではなるべく距離をとって座り、会話を

 控えさせます。

2 授業時のマスク着用について

・教室内では基本的にマスクを着用していますが、気候の状況等によっては、一時的に

 外すことがあります。

・体育の授業において、十分な身体的間隔がとれる場合は、マスクを着用しません。

 

※詳細は下記リンクよりご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

学校教育課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-2685
学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。