新型コロナワクチン4回目接種対象となる基礎疾患がある方の接種券発行申請について

ページ番号1003914  更新日 2022年6月20日

印刷大きな文字で印刷

18歳から60歳未満の基礎疾患がある方は、新型コロナワクチンを接種するために4回目接種券の発行申請が必要です

新型コロナワクチンの4回目接種については重症化予防の観点から実施するものであり、18歳以上60歳未満の方は、基礎疾患がある方や重症化リスクがあると医師が認める方が接種対象となります。

町では基礎疾患がある方を把握していないため、4回目接種を希望される方は接種券の発行申請が必要です。(18歳以上60歳未満で1・2回目接種の際、南知多町に対し基礎疾患の申請をされた方で、3回目接種の記録を町で確認できた方は申請不要です。)

※接種券の発行を受けても、当日予診医師の判断で接種できない場合もありますので、ご了承ください。

申請方法

郵送申請

南知多町役場健康子育て室へ、次の資料を郵送してください。

(1)接種券発行申請書(4回目接種用)

(2)本人確認書類の写し:運転免許証、マイナンバーカードなどのコピー

(3)接種記録が確認できるものの写し:(接種済証、接種記録書など)

記載内容を確認し、問題がなければ「接種券」を郵送により交付します。
※届くまで数日かかる場合があります。

窓口申請

南知多町役場健康子育て室へ、次の資料を提出してください。

(1)接種券発行申請書(4回目接種用)

(2)本人確認書類:運転免許証、マイナンバーカードなど

(3)接種記録が確認できるもの:接種済証、接種記録書など

記載内容を確認し、問題がなければ接種券を窓口で交付します。

4回目接種対象となる基礎疾患などの範囲

1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している人

慢性の呼吸器の病気

慢性の心臓病(高血圧を含む。)

慢性の腎臓病

慢性の肝臓病(肝硬変など)

インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病

血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)

免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)

ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)

染色体異常

重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

睡眠時無呼吸症候群

重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

 

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)
例:BMI30の目安:身長170センチメートルで体重87kg、身長160cmで体重77kg

3.新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた人

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康子育て室
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
健康子育て室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。