よくある質問と回答(新型コロナワクチン)

ページ番号1003231  更新日 2022年2月21日

印刷大きな文字で印刷

よくある質問と回答

掲載されている内容は、令和4年2月18日現在のものです。ご了承ください。

追加接種(3回目)について

質問 回答

1

追加接種はなぜ必要なのか。

日本で接種が進められているワクチンは、高い発症予防効果などがある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、初回(1回目・2回目)接種を完了したすべての方に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされています。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

2 追加接種には、どのような効果があるのか。

追加接種を行わなかった場合と比較して、感染予防効果や重症化予防効果などを高める効果があります。

3 追加接種の接種対象者はどのような人か。

2回目接種完了後、原則6カ月以上経過している18歳以上の方です。

4 追加接種にはどれぐらいの間隔をあける必要があるのか。 2回目接種完了後、原則6カ月の間隔をあける必要があります。
5 追加接種の接種券はいつ届くのか。 接種券一体型予診票を同封した個別通知を、2回目接種完了した月から原則6カ月経過する前の月に発送する予定です。
6 南知多町に転入する前に他の自治体でワクチンを接種しているが、接種券は届くか。 南知多町に転入される前に、他の自治体で1、2回目のワクチン接種を受けられた方は、接種券の発行申請が必要です。詳しくは、「新型コロナワクチン追加接種(3回目)」のページをご確認ください。
7 追加接種はどのようにしたら受けられるか。

電話予約とウェブ予約を行っています。

電話予約:町コールセンター(0800-222-5150)へお電話ください。

ウェブ予約:町新型コロナワクチン接種予約サイトからご予約ください。

8 追加接種はどこで受けられるか。

集団接種:町総合体育館、日間賀小学校体育館、篠島開発総合センターで行っています。

個別接種:みどりの風 南知多病院、大岩医院(豊浜)、白井医院、知多厚生病院で行う予定です。

9 使用していない1、2回目の接種券で追加接種を受けることはできるか。 追加接種には、追加接種用の接種券が必要になります。
10 追加接種の副反応は、どのようなものがあるか。

ファイザー社のワクチンの場合、2回目接種後と比較して有害事象の発現傾向はおおむね同様であると確認されています。リンパ節の腫れについては、初回(1回目・2回目)接種時と比較して、発現割合が高い傾向にありますが、ほとんどの場合が軽度であり、発現後短時間で治まっています。

詳しくは、厚生労働省のホームぺージをご確認ください。

11 追加接種は必ず行わなければならないか。 接種は任意です。
12 接種費用は掛かるのか。 全額国費で接種を行うため、自己負担は発生しません。ただし、個別医療機関での接種の場合、接種前後の診療などにつきましては、通常の診療として自己負担が生じる可能性があります。

副反応について

質問 回答
1 これまでに認められている副反応にはどのようなものがあるか。 ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンでは、ワクチン接種部位の痛みや、発熱・頭痛・倦怠感・筋肉痛などの症状が認められています。また、まれにアナフィラキシーであったり、10代・20代の男性に心筋炎・心膜炎が発症したことも報告されています。
2 副反応が出た際に、どのような対応をすればよいか。 副反応による症状は、数日間で改善していくことが多いですが、症状がひどい場合、治らない場合には、医療機関にご相談ください。
3 副反応に関してどこに相談すればよいか。 愛知県や厚生労働省などの相談窓口があります。以下の資料・ページをご確認ください。

対象者について

質問 回答
1

南知多町の接種対象者はどのような人か。

接種を受ける日に南知多町の住民基本台帳に記録されている方です。(住民登録のある外国人住民を含む。)
2

やむを得ない事情があり、住民票を置いていない自治体で接種を受ける場合、どうすればよいか。

「やむを得ない事情」に当てはまる場合は、他の市町村で接種できる場合があります。

詳しくは、「住民票住所地以外での新型コロナワクチン接種について」のページをご確認ください。

3

何故、原則住民票のある場所と指定されているか。

国の基準によって示されています。
4 優先順位の「高齢者」とは何歳からであるか。 令和3年度中に65歳以上に到達する方です。(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
5 接種対象の「12歳以上」「18歳以上」とはいつ時点の年齢になるか。 接種日時点の年齢になります。

1、2回目の接種について

質問 回答
1

集団接種・個別接種はどこで行われるか。

個別接種は知多厚生病院(12~18歳の方限定)で行っています。

※知多厚生病院を予約される方は、下記2の予約方法をご確認ください。

※みどりの風 南知多病院、大岩医院(豊浜)、白井医院では1・2回目の現在個別接種を行っておりません。

2

予約はどのようにすればよいか。

知多厚生病院の予約方法は下記のとおりです。

(1)受診歴のある方:0569-82-4394へお電話

(2)受診歴のない方:知多厚生病院 1階 中央受付に直接来院

3 新たに12歳になるが、接種券はいつ届くか。 12歳になられた方は、誕生日の翌月初旬に接種券を発送します。

接種会場について

質問 回答
1 駐車場はあるか。

町総合体育館は、広い駐車場があります。

篠島開発総合センター・日間賀小学校体育館は、駐車できる台数に限りがあります。

2 車いすで接種が受けられるか。

受けられます。

町総合体育館にはスロープがあります。

篠島開発総合センター及び日間賀小学校体育館には階段がありますが、上り下りは職員がサポートします。

接種券について

質問 回答
1 接種券が届かない場合はどうすればよいか。 接種券は住民票住所地に届きます。届かない場合、住民票住所地と現在住んでいる住所が違う場合があります。住民票の確認をお願いします。
2 接種券はどのように町から送付されるのか。 町から接種対象者に郵便でお送りします。
3 接種券をなくしてしまった場合どうしたらよいか。 接種券の再発行ができます。以下のページをご確認ください。

新型コロナワクチン予防接種済証について

質問 回答

1

 

接種済証をなくしてしまった場合はどうすればよいか。 必要である場合のみ、接種済証の再発行ができます。以下のページを必ず確認し、申請をしてください。

優先順位について

質問 回答
1 接種の優先順位はどのような順番か。 (1)医療従事者、(2)65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)、(3)基礎疾患を有する者や高齢者施設などにおいて利用者に直接接する職員、(4)それ以外の方、です。
2 基礎疾患を有する者とは。

基礎疾患は次の(1)(2)のいずれかに該当する者です
(1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
1. 慢性の呼吸器の病気
2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3. 慢性の腎臓病
4. 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7. 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
11. 染色体異常
12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
13. 睡眠時無呼吸症候群

14.重い精神疾患(精神疾患の治療のために医療機関に入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
(2) 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

3 「基礎疾患を有する者」に当てはまることを証明するために、診断書は必要か。 診断書などは必要ありません。主治医に確認のうえ、予診票に記載していただき、必要があるときは、問診で病気や治療の状況などを確認します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康子育て室
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
健康子育て室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。