景観行政団体への移行について

ページ番号1003998  更新日 2022年8月1日

印刷大きな文字で印刷

南知多町は景観行政団体へ移行しました

 南知多町は、知多半島の最南端に位置し、島しょ部や、日本の渚百選に選ばれた千鳥ヶ浜など、豊かな自然に囲まれております。さらに、農業・漁業といった産業による風景や内田佐七家・羽豆神社の社叢といった文化財により多様な景観を形成しています。

 南知多町は、これら魅力的な景観形成を推進する取り組みを行うため、令和4年8月1日に景観行政団体となりました。

景観行政団体とは

 景観行政団体とは、景観法に規定された、景観行政を担う自治体のことです。南知多町は愛知県知事との協議及び30日間の公示期間を経て、景観行政団体となりました。

 景観行政団体になることで、南知多町の区域内において、愛知県に代わって、景観計画の策定などの景観行政事務を処理することができるようになりました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設課
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
建設課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。