Q14.新型コロナウイルスに感染しやすい危険な状況はありますか。

ページ番号1002982  更新日 2020年8月27日

印刷大きな文字で印刷

一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。

飛沫感染」:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒に放出されたウイルスを、他の方が口や鼻から吸い込んで感染します。

接触感染」:感染者が咳やくしゃみを手で押さえた後、その手で周りのものに触ることでウイルスが付き、他の方がそれに触れた手で自分の口や鼻を触ることにより粘膜から感染します。

危険な状況の例

  • 感染者の咳やくしゃみを直接浴びる。
  • 閉鎖した空間で、マスクなしで近距離で多くの人と会話する。(1m以内の距離で5分の会話は1回の咳と同じくらい飛沫が飛びます。:WHOの報告による。)
  • 人混み。
  • 大きな声で歌う場。
  • 指をなめる癖のある方。
  • 激しい呼気や大きなかけ声を伴う運動。
  • 飲食を伴う接待。対面でのお酌。グラスを合わせる乾杯(危険な場面:近距離。飲み口の接触)。
  • 大皿料理(危険な場面:とり箸の共用や自分の箸の使用)。
  • 飲食後の食器類やゴミの片づけ(食物の残渣や口が触れた食器・箸に、手で触れる危険性が高い。)
  • 自覚がなく(症状が無い)感染している方。新型コロナウイルスは症状が出る2日前から感染力があると考えられています。症状が無い陽性者(無症状病原体保有者)が、自覚のないうちに多くの方に感染させる可能性があります。

感染を予防するためには、3密の回避「密集⇒定員を減らす」「密接⇒人と人との距離を確保」「密閉⇒換気の徹底」、「手洗いの徹底」「マスクの着用」などの「新しい生活様式」をくらしの中に定着させることが大切です。

大切な人、大切な命を守るために、感染しない、感染させない行動を引き続きよろしくお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策本部
〒470-3495 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字貝ケ坪18番地
電話:0569-65-0711 ファクス:0569-65-0694
対策本部へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。