軽自動車税

 軽自動車税は、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車および二輪の小型自動車(これらを軽自動車といいます)を所有している人にかかる税金です。

課税のしくみ

 毎年4月1日現在において、軽自動車等を所有している人が、その軽自動車等を登録している住所地の市町村に納めていただくことになります。
 普通車等の自動車税は、都道府県に納めていただくものですので、車検等で納税証明書が必要なときは、それぞれの窓口(軽自動車税は南知多町役場、普通車は知多県税事務所)へお尋ねください。
 また年度の途中で自動車を廃車した場合、自動車税は月割で税額が決定しますが、軽自動車税は4月1日に所有していた方に1年分を納めていただき、月割による還付の制度はありません。
■軽自動車税の税率
 軽自動車税の税率は車種や排気量によって定められています。

車種 年税額
原動機付自転車 総排気量が50t以下のもの 1,000円
総排気量が50t以下で三輪以上(ミニカー) 2,500円
総排気量が50t超90t以下で二輪のもの 1,200円
総排気量が90t超125t以下で二輪のもの 1,600円
小型特殊自動車 農耕作業用のもの 1,600円
その他のもの(フォークリフトなど) 4,700円
軽自動車 二輪のもの(側車付を含む) 2,400円
三輪のもの 3,100円
四輪以上 乗用 自家用 7,200円
営業用 5,500円
貨物用 自家用 4,000円
営業用 3,000円
二輪の小型自動車 総排気量が250tを超えるもの 4,000円
その他 ボートトレーラー 2,400円

軽自動車税の税率改正について

 平成26年度の税制改正により、軽自動車税の見直しが行われ、軽自動車税の税率が変更されます。

■原動機付自転車及び二輪車等
平成28年度より、下表のとおり税率が変更となります。

車種区分 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度以降
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超 90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超 125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
軽二輪(125cc超 250cc以下) 2,400円 3,600円
小型二輪(250cc超) 4,000円 6,000円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他 4,700円 5,900円

■四輪及び三輪の軽自動車
  • 平成27年3月31日以前に新規登録した車両は、登録後13年を経過するまでは、現行税率(表の@)で課税されます。
  • 平成27年4月1日以降に新規登録する車両は、新税率(表のA)で課税されます。
  • 平成28年度課税分からは、初めて車両番号の指定を受けた月から起算して13年を経過した車両(電気軽自動車などを除く)を所有している場合は、翌年度から重課税率(表のB)で課税されます。
    ※中古車であっても、新車登録時の検査年月を重課税率で課税する上での基準とします。
車種区分 税率(年額) 税率(年額)
(軽課税率適用の場合のみ)
@平成27年3月31日
までの登録車
A平成27年4月1日
以後の登録車
B登録後13年超
(経年重課)
三輪車 3,100円 3.900円 4,600円 1,000円 2,000円 3,000円
軽自動車
(四輪車)
乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用 自家用 4,000円 5,000円 6,000円 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円 1,000円 1,900円 2,900円

ア 電気自動車・天然ガス軽自動車
イ 乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車  貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車
ウ 乗用:平成32年度燃費基準達成車     貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車
※イ・ウについては、いずれもガソリン車またはハイブリッド車で、平成17年排出ガス基準75%低減達成車に限ります。

  • グリーン化特例(軽課税率)について
 平成28年4月から平成29年3月までに最初の新規検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車のうち、一定の排出ガス基準や燃費基準を達成するものについて、平成29年度分の軽自動車税に限り、上表のとおり軽課税率が適用されます。各基準の達成状況は、車検証の備考欄で確認できます。


軽自動車税の手続き

■125tまでの原動機付自転車、小型特殊自動車

内容 手続きに必要なもの 記載例
販売店で購入した場合 1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書/PDF
2.販売店の販売証明
3.新登録者の印鑑
記載例/PDF
廃車済の車を譲ってもらった場合 1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書/PDF
2.新登録者の印鑑
3.廃車証明書
4.旧登録者の譲渡証明書(廃車証明書に譲渡証明書があり、記入、押印があれば譲渡証明書は必要ありません)
記載例/PDF
他人名義の車を譲ってもらった場合 1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書/PDF
2.新登録者の印鑑
3.譲渡証明書(旧登録者の押印のあるもの)または旧登録者の印鑑
4.新しいナンバープレートを希望する場合は旧ナンバープレート(町外ナンバーの車を譲ってもらった場合は、必ず旧ナンバープレートをお持ちください)
記載例/PDF
町外ナンバーの車を所有して南知多町へ転入した場合 1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書/PDF
2.登録者の印鑑
3.ナンバープレート
記載例/PDF
町外ナンバーを廃車して南知多町へ転入した場合 1.軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書/PDF
2.登録者の印鑑
3.廃車証明書
記載例/PDF
廃車する場合 1.軽自動車税廃車申告書兼標識返納書/PDF
2.登録者の印鑑
3.ナンバープレート
記載例/PDF
町内の人に譲る場合 1.軽自動車税廃車申告書兼標識返納書/PDF
2.登録者の印鑑
3.新登録者が新しいナンバープレートを希望する場合は今のナンバープレート
記載例/PDF
町外の人に譲る場合 1.軽自動車税廃車申告書兼標識返納書/PDF
2.登録者の印鑑
3.ナンバープレート
記載例/PDF
車の盗難・紛失またはナンバープレートの盗難・紛失・破損 1.軽自動車税廃車申告書兼標識返納書/PDF
2.登録者の印鑑
3.ナンバープレート弁償金100円(紛失・破損の場合)
4.盗難・紛失の場合は申請書に盗難・紛失届の受理番号・届出・届出警察署名の記載が必要
記載例/PDF
※ 下記の点にご注意ください。
1.代理人が申請するときは、代理人の印鑑も必要です。また、登録者の電話番号が必要です。
2.友人などに譲った場合、名義変更の手続きをしないと税金はいつまでも旧登録者にかかりますので、必ず手続きを行ってください。また、車を譲った相手に連絡が取れなくて手続きができないなどのトラブルを防ぐためにバイクなどを譲る場合はできるだけ先に廃車の手続きを行ってから譲渡し、新しい所有者に新規登録していただくようにしてください。
3.盗難やナンバープレート紛失などにより廃車の申請を行った後で、車やナンバ−プレートが発見された場合は、必ずナンバープレートを返納してください。

■その他の軽自動車
 自動車の種類、手続き内容によって取り扱いが異なりますので、手続き方法・必要なものについては、必ず下記の機関にお問い合わせください。
車種 手続き場所
126tから250tの軽二輪 愛知県軽自動車協会
名古屋市港区いろは町2丁目56-2
電話052-659-1040
251tからの小型二輪 中部運輸局 愛知運輸支局
名古屋市中川区北江町1丁目1番地の2
電話050-5540-2046
軽四輪自動車 軽自動車検査協会 愛知主管事務所
名古屋市港区いろは町2丁目56-1
電話 050-3816-1770

納税について

 役場から送られてきた納税通知書(納付書)により5月末日までに納めて下さい。
 口座振替の人は5月末日に引き落としがされますので、残高をご確認ください。
 なお、軽自動車税は自動車税(都道府県税)とは異なり、月割課税制度がありません。したがって、4月2日以降に廃車をした場合でも年額を納めていただくことになります。逆に4月2日以降に新規に登録をした場合でもその年度は軽自動車税が発生しません。

問い合わせ先

担当:税務課
電話番号:0569-65-0711
FAX番号:0569-64-3005
電子メールアドレス:zeimu@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始