施設概要

 梅原邸は、醸造業を営んだ梅原半兵衛の家で、明治時代前期頃に建築されました。
 哲学者・梅原猛先生は、8代目半兵衛の弟 半二の長男で、幼少のとき半兵衛の養子となって、青少年期までこの家で過ごされました。
 平成元年に梅原先生から南知多町に寄贈され、平成2~3年にかけて改修工事が行われました。


 年に1度、秋に特別公開(10日間程度)を行っています。
 この期間には家屋とともに梅原先生に関わる資料や、梅原先生がこの家に住んでいた頃の愛用品などを展示しています。
 特別公開の情報は、詳細が決定次第、町広報やこのホームページにてお知らせします。


 ※特別公開の開催期間以外で梅原邸参観をご希望される場合は、
  南知多町教育委員会社会教育課(TEL:0569-65-2880 南知多町
  総合体育館内)へお問い合わせください。


▲ 梅原先生が使用していた机


▲ 特別公開期間の展示の一例
  (旧制八高時代の教科書・ノート類、
   京都大学合格証書)

▲ 幼少期の梅原先生
(南知多町所蔵写真)
▲ 7代目梅原半兵衛夫妻と
少年期の梅原先生
(南知多町所蔵写真)

交通案内


大きな地図で見る
 【車でお越しの場合】
  南知多道路「南知多I.C.」から約10分

 【電車でお越しの場合】
  名鉄知多新線「内海駅」下車
  徒歩約5分

所在地

〒470-3321
愛知県知多郡南知多町大字内海字馬場22・23合併地

所管課

南知多町教育委員会社会教育課(南知多町総合体育館内)
〒470-3412
愛知県知多郡南知多町大字豊浜字須佐ヶ丘5
TEL:(0569)65-2880 FAX:(0569)65-2883
応対時間:毎週火~土曜日(祝日、年末年始を除く)
        午前8時30分~午後5時15分