貯水槽水道

ビル等の貯水槽水道における管理について

 水道法の一部改正によって、平成15年4月1日からは、今まで規制されていなかった小規模な貯水槽水道(10m3以下)に対して、管理責任及び管理基準が明確になります。
貯水槽水道
 貯水槽水道については、管理の不徹底により、しばしば衛生上の問題が発生し、水質面での不安を抱く利用者が多いことから、貯水槽水道の設置者に適正な管理を求めることになりました。これまでは「貯水槽水道」のうち水槽の有効容量が10m3を超える比較的大きい施設のみを規制していましたが、平成15年4月1日からは10m3以下の貯水槽水道にも管理方法等について具体的処理が明確になります。

貯水槽水道の管理基準

  • 受水槽の掃除を1年に1回定期的に行いましょう。水槽の掃除は、専門の業者に依頼して実施するとよいでしょう。
  • 受水槽の点検を定期的に行い、もし欠陥を発見したら速やかに改善しましょう。また、地震、大雨等水質に影響を与えるおそれがあるときも実施してください。
 主な点検内容は次のとおりです。
点検箇所(部位) 主な点検内容
(A)水槽周囲の衛生状態 付近は清潔か、物品等は置いていないか。
(B)水槽本体の状態 水槽本体に亀裂等はないか。漏水などしていないか。
(C)水槽内部の状態 水槽内部に浮遊物や沈積物が異常に存在していないか。
(D)オーバーフロー管、通気管の状態 防虫網が付いているか。雨水やほこりが入る状態になっていないか。排水等と直接連結されていないか。
(E)マンホールの状態 防水密閉構造になっているか。南京錠等で施錠されているか。
(F)流入・流出管の状態 汚水配管等の他の配管と直接連結していないか。さびついて、赤水の原因になっていないか。
(G)ポンプ等の状態 漏水していないか。異常な音が発生していないか。
貯水槽水道の点検箇所図
○蛇口から出る水の色、濁り、臭い、味などに異常を認めたときは、必要な水質検査を行いましょう。
なお、異常時の検査項目は次のとおりです。
水質検査項目
一般細菌、大腸菌群、pH値、味、臭気、色度、濁度、塩素イオン、硝酸性窒素、亜硝酸性窒素、有機物等、残留塩素濃度(以下「一般項目」という)及びその他必要な項目(特に、鉄、マンガン、亜鉛、銅等)
○給水する水が人の健康を害するおそれがあるとわかったときは、直ちに給水を停止して、利用者、保健所または役場水道課に知らせてください。

貯水槽水道の検査

簡易専用水道(水槽の容量が10m3を超えるもの)の検査
 簡易専用水道の設置者には、水道法により1年以内ごとに1回、指定検査機関による検査を義務付けています。
検査項目 検査内容
1.施設の外観検査 受水槽及び高置水槽の状態(有害物質・汚水等の混入の有無、水槽内の沈積物等の有無など)の検査
2.給水栓水の水質検査 色、濁り、臭い及び味についての異常の有無並びに残留塩素の有無についての検査
3.書 類 検 査 次に掲げる書類の整理及び保存状況の検査
・給水設備の配置図及び系統図
・受水槽周囲の構造物の配置図
・施設の保守点検の記録
・水質管理の記録
・水槽の清掃の記録
小規模貯水槽水道(水槽の容量が10m3以下のもの)の検査
 設置者自らの責任において、1年以内ごとに1回、定期に、給水栓における水の色、濁り、臭い、味に関する検査及び残留塩素の有無に関する検査を行ってください。なお、自ら水質検査を行うことができない場合は、知事の登録を受けた検査機関に委託することをお勧めします。
 また、より利用者の安全を確保するためには、指定検査機関による簡易専用水道と同等の検査を受けることが望まれます。
 なお、上記検査機関に関する詳細は役場水道課までお問い合わせください。

問い合わせ先

担当:水道課
電話番号:0569-65-0711
FAX番号:0569-65-0694
電子メールアドレス:suidou@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始