高病原性鳥インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザについて

 県内でも「高病原性鳥インフルエンザ」が発生しました。
 飼っている鶏、野鳥などが突然大量に死亡するなど、異常があったときは、すぐに県事務所(県民センター)、家畜保健衛生所または役場へ連絡してください。

【高病原性鳥インフルエンザとは】
 高病原性鳥インフルエンザとは、鳥類のインフルエンザのうち、鶏、あひる、七面鳥、うずらなどの家きんへの感染性、病原性の高まったもので、わが国では、家畜伝染病予防法の法定伝染病に指定されています。

【病気の特徴】
  • 突然死亡する鶏が増加。急に沈うつ、すぐ死亡。外見上病変なし。
  • 顔、トサカ、足が腫れたり、出血斑や、黒褐色斑が見られる。
  • 神経症状(首曲がり、元気消失)や下痢、食欲減退。

愛玩鳥を飼われる場合の注意事項について

鳥の世話をするときは…
 鳥に異常がなければ、あまり神経質になる必要はありません。「鳥に触った後は、きちんと手を洗う」、「鳥のまわりを清潔にしておく」、「糞等で汚れた衣服はコマメに洗う」などを心がけましょう。

○健康状態をよく観察しましょう。
○消毒を心がけましょう。

 鳥小屋などの定期的な消毒、出入時の靴底等の消毒を心がけましょう。
 消毒薬は、市販のもの(塩素剤や逆性石鹸など)で十分効果があります。
○野鳥との接触を避けましょう。
 野鳥とできるだけ接触しないよう、放し飼いは避け、「小屋の中で飼う」、「ネットを張る」、「水飲み場に野鳥が入らないようにする」等の対策を行いましょう。

 鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。

相談窓口について

1.突然鳥が死んだり、たくさんの鳥が死んだときは…
 お近くの県事務所(県民センター)、家畜保健衛生所または市町村へ連絡してください。
2.鶏卵・鶏肉等、食の安全に関することは…
 愛知県の「食品の安全についての相談窓口」へ相談ください。
 (電話番号:052-954-6297)
3.皆様の健康相談に関することは…
 愛知県の「ヒトへの感染等についての相談窓口」(電話番号:052-954-6272)
 または、お近くの保健所に相談ください
4.連絡先
  • 愛知県尾張県民事務所 知多県民センター環境保全課  電話 0569-21-8111
  • 愛知県知多家畜保健衛生所   電話 0569-72-0344
  • 南知多町役場         電話 0569-65-0711
     環境課(死亡動物)
     産業振興課 農政係(家畜、野生鳥獣)

関連リンク

 高病原性鳥インフルエンザに関する情報は、愛知県のホームページもご覧ください。
問い合わせ先

担当:産業振興課 農政係
電話番号:0569-65-0711
FAX番号:0569-65-0694
電子メールアドレス:nousui@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始