国民年金に加入しなければならない人

 日本国内に住所のある人で、20歳以上60歳未満の人は、必ず国民年金に加入することになっています。
加入種別 加入する方 加入届出先
第1号被保険者 学生や自営業(農業、漁業、商業など)の方とその家族 市町村の国民年金窓口
第2号被保険者 サラリーマンや公務員などで厚生年金保険・共済組合に加入されている方 勤務先
第3号被保険者 厚生年金保険や共済組合の加入者に扶養されている配偶者の方(サラリーマンの奥さんなど) 配偶者の勤務先
希望で加入できます(任意加入)
◆日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人
◆老齢(退職)年金の受給者で60歳未満の人
◆海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人
高齢任意加入の特例
昭和40年4月1日以前に生まれた人で、老齢基礎年金等の受給資格期間を満たしていない人は、65歳以上70歳未満の期間についても任意加入できることになりました。
市町村の国民年金窓口

こんなときには届け出を

 国民年金では就職や結婚などをしたその都度届け出が必要になります。
 次のようなときには住民課へ届け出をしてください。
  • 20歳になったとき:国民年金の加入者になります
  • 学生や自営業の方がサラリーマンになったとき:第2号被保険者になります。
  • 夫が会社をやめたとき:夫も妻も一緒に第1号被保険者になります。
  • 住所・氏名が変わったとき:住民届と同時に届け出をしてください。
 ※平成14年4月以降は第3号被保険者の届出は、第2号被保険者の勤務する事業所から届出されることになります。

問合せ先

担当:住民課 国保年金係
電話番号:0569-65-0711
FAX番号:0569-65-0694
電子メールアドレス:juumin@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始