介護サービスを受けるには

介護保険サービスを利用できる方

 65歳以上で、原因を問わず常に介護を要する状態の方、および日常生活に支援が必要な状態の方を在宅・施設などでお世話します。 
 40歳〜64歳までの方で、老化が原因とされる16種類の特定の病気により介護が必要な状態になった方も含みます。  16種類の病気は以下のとおりです。 
がん末期 / 関節リウマチ / 筋萎縮性側索硬化症 / 後縦靭帯骨化症 / 骨折を伴う骨そしょう症 / 初老期における認知症 / 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 / 脊髄小脳変性症 / 脊柱管狭窄症 / 早老症 / 多系統萎縮症 / 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 / 脳血管疾患 / 閉塞性動脈硬化症 / 慢性閉塞性肺疾患 / 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護が必要なタイミングは?

 介護の必要性を感じるタイミングは人によって異なります。次のようなことに思いあたったら、保健介護課の窓口や地域包括支援センターなどに要介護認定について相談をしてみてください。
  • 買い物や掃除などの家事をするのがつらい
  • 入浴の際、足を滑らせてしまうなどの不安がある
  • 物忘れがひどくなった、一人で留守番ができない、お金の出し入れ・書類の管理ができない
  • 歩く時に誰かの支えが必要になってきた
  • 一人で外出するのが不安
  • 起き上がり、立ち上がりなどの動作が一人ではできなくなってきた

要介護認定の申請に必要なものは

 次のものを持って役場保健介護課の窓口か、役場サービスセンターへお越しください
  • 65歳以上の方は……介護保険被保険者証
  • 40歳〜64歳で16種類の特定の病気に該当する方は……健康保険証
  • かかりつけの主治医の氏名、医療機関名の控え

要介護認定のながれ

  • 要介護認定申請の受付
     要介護認定申請の受付
  • 訪問調査
     自宅や病院,施設を訪問し、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。
  • 主治医の意見書
     町からの依頼で本人の心身の状況について医師が意見書を作成します。意見書の作成料は町が公費で負担します。
  • 審査・判定
     2・3の書類をもとに介護認定審査会で要介護度の判定をします。
  • 認定
     申請してから、原則30日以内に認定結果通知書と、認定結果(要介護度など)が記載された介護保険被保険者証が届きます。

【要介護(要支援)認定の基準】
  • 要支援1:生活機能の一部に若干低下が認められる状態
  • 要支援2:生活機能の一部に低下が認められる状態
  • 要介護1:部分的な介護を要する状態
  • 要介護2:軽度の介護を要する状態
  • 要介護3:中等度の介護を要する状態
  • 要介護4:重度の介護を要する状態
  • 要介護5:最重度の介護を要する状態
  • 自立(非該当):介護保険によるサービスは利用できませんが町が行う自立支援・介護予防・福祉サービスが利用できます。

介護保険で受けることができるサービス

 介護サービスを受ける場合には、その費用の1割の負担が必要です。詳しくは保健介護課高齢者介護係・南知多町地域包括支援センターまたは指定居宅介護支援事業者、介護保険施設にお尋ねください。

◇居宅サービス
 訪問介護(ホームヘルプサービス)、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション
 通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)
 福祉用具貸与、居宅療養管理指導
 短期入所生活介護(ショートステイ)、短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
 特定施設入居者生活介護
 福祉用具貸与、特定福祉用具購入、住宅改修

◇地域密着型サービス
 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
 認知症対応型通所介護
 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
 ※地域密着型特定施設入所者生活介護
 ※小規模多機能型居宅介護
 ※複合型サービス
 ※定期巡回・随時対応型訪問介護看護
 ※夜間対応型訪問介護
※印で示したサービスは本町では行っておりません。

◇施設サービス
 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 介護老人保健施設(老人保健施設)
 介護療養型医療施設(療養型病床)

サービスの詳細はこちら



問合せ先

担当:保健介護課 高齢者介護係
電話番号:0569-65-0711 (内線540〜542)
FAX番号:0569-65-0694
電子メールアドレス:hokai@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始