熱中症の予防

春から夏に向けて熱中症になる人が増えてきます

熱中症は予防ができる病気です

熱中症とは

熱中症は、熱い環境にいることで体の中の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節ができなくなるために起こる病気です

熱中症になりやすいとき

同じ気温でも湿度が高い時や、急に暑くなったときは要注意です

  • 気温が高い(28℃以上)
  • 湿度が高い(70%以上)
  • 風がない
  • 直射日光にあたっている
  • 体調が良くない(睡眠不足も含む)
  • 暑さに慣れていない

熱中症の予防

水分をとりましょう

  • のどが渇く前に水分補給
  • 汗をかいたらスポーツドリンクや梅干しなどで塩分補給
  • 食事をしっかりとる

エアコンなどを上手に使いましょう

  • 屋内でも熱中症になります。すだれなどで日よけをしたり、風通しをよくして室温を下げましょう
  • エアコンと同時に扇風機などを使うと体感温度が下がります

暑さ対策をしましょう

  • 暑さをがまんしたり、無理な外出はやめて、日陰や涼しい所でこまめに休憩
  • 白っぽい色や風通しがよい涼しい服装で外出を。帽子や日傘で日よけ対策
  • 食欲がなくても体力維持のために何か食べましょう
    ※持病などで水分や塩分制限をしている方は、かかりつけの医師に熱中症対策について相談しておきましょう

熱中症の症状と対応

重度 症状 対応
軽症





重症
めまい、立ちくらみ、こむらがえり、大量の汗、筋肉痛 その場で応急処置
頭痛、吐気、体がだるい、体に力が入らない、集中力や判断力の低下 その場で応急処置
  • 水分が口から飲めない場合はすぐ救急車を呼ぶ
  • 症状が改善しない場合は医療機関を受診
意識がない、呼びかけに対し返事がおかしい、けいれん、高体温、まっすぐに歩けない(走れない) すぐに救急車を呼び、応急処置も行う

応急処置

  1. 涼しい場所に移動し衣服をゆるめ安静に寝かせる。
  2. エアコン、扇風機、うちわなどで体に風をあてて冷やす。
  3. 脇の下や太もものつけ根を氷などで冷やす。
  4. 飲めるようであれば、水分や塩分(食塩水やスポーツドリンク)を少しずつしっかり飲ませる。

熱中症に関するホームページ



問合せ先

担当:保健介護課 内線511
電話番号:0569-65-0711
FAX番号:0569-65-0694
電子メールアドレス:hokai@town.minamichita.lg.jp
応対時間:午前8時30分から午後5時15分まで。
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始