町の概要

地図・アクセス




名古屋から車で 名古屋・大高IC→知多半島道路
〜南知多IC
名古屋から電車で
名鉄名古屋駅
○名鉄河和線・終点河和駅下車〜
 知多バスで大井〜師崎港へ
○名鉄知多新線・終点内海駅下車〜
 海っ子バスで山海〜豊浜〜師崎港へ
篠島日間賀島 河和港または師崎港から→高速船
名鉄海上観光船

町勢

南知多町は、愛知県の知多半島南部に位置し半島の先端と沖合いに浮かぶ篠島・日間賀島などの島々からなっています。

北部は美浜町に接し、三方が海で東に三河湾、南西は伊勢湾に面し、面積38.37kuの町です。

三河湾国定公園、と南知多県立自然公園に指定されており、名所、 旧跡、文化財、祭りなど観光資源は豊富にあり、自然を利用したレクリエーションの基地としての整備もすすみ、 四季型観光地への条件を整えつつ歴史と詩の里として広域観光ルートの確立を目指しています。

航空写真
航空写真篠島 航空写真日間賀島
人口  20,549人
(平成22年10月1日現在、国勢調査)
面積  38.37ku
(平成26年10月1日現在、国土交通省国土地理院)
年平均気温 16.3℃(平成25年)
年間平均降水量 1,176.0mm(平成25年)

位置

東経 136°55' 47"
北緯 34°42' 55"
最高点 海抜128m
東西最長 15.0q
南北最長 12.1q

地区別の人口と世帯数

地区 世帯数
内海
(うつみ)
2,823 3,029 5,852 2,145
豊浜
(とよはま)
2,814 3,116 5,930 1,996
師崎
(もろざき)
2,419 2,534 4,953 1,792
篠島
(しのじま)
884 879 1,763 634
日間賀島
(ひまかじま)
1,008 1,043 2,051 630
合計 9,948 10,601 20,549 7,197
最新の人口及び世帯数はこちら
町の木
うばめがし
(昭和51年6月1日制定)
町の木 うばめがし
町の花
すいせん
(昭和51年6月1日制定)
町の花 すいせん
町章
「みなみ」のみを図案化し
平和と飛躍を象徴したものです
(昭和38年7月13日制定)
町章

町の風景

内海 Utsumi・山海 Yamami

マリンリゾートとして有名な内海・山海地区は海岸線を見ながらのドライブコースも人気。

世界で最も粒の小さい砂浜として有名な「千鳥が浜」は、’日本の渚百選’にも選ばれ夏は、 海水浴場として多くの観光客が訪れ、温泉もあり四季を通じて人の賑わいの絶えないところです。

豊浜 Toyohama・豊丘 Toyooka

県下一の水揚げ量を誇る豊浜漁港。

いつでも獲れたての新鮮な魚介類を食べられるスポット!豊丘海岸は三河湾に面した静かなドライブコースです。

また、歴史的スポットもたくさんあり、万葉集に収められている「須佐の入江」を眺めながら、 万葉ロマンに浸ってみてはいかがでしょうか!

大井 Ooi・片名 Katana・師崎 Morozaki

知多半島の最南端のこの地区は、国指定の天然記念物「うばめがし」のトンネルがあり、 誰が呼んだか『ロマンスロード』?と言われ全長800mの遊歩道を通って羽豆神社に。

ここでの参詣は、恋の成就にきくとあって若いカップルが次々と訪れています。

羽豆岬から眺めた師崎

篠島 Shinojima Island.

先端の師崎港から高速船に乗り約10分で篠島へ。
  三河湾国定公園の中心に位置するこの島の周囲には、たくさんの無人島が点在しており、 島内には『帝井』をはじめとして史跡・名所が多く万葉集にも 「夢のみに継ぎてみえつつ小竹島(しのじま)の磯越す波のしくしく思ほゆ」と詠まれています。

日間賀島 Himakajima Island

先端の師崎港から高速船に乗り約10分で日間賀島へ。

船を降りた瞬間にタコがお迎え! この島の歴史は古く数々の古墳も残されており、 近年ではタコを島のキャラクターとして「タコの島」としてPRしており、 冬にはタコの姿そのままの干し蛸の姿も見ることができます。